So-net無料ブログ作成

N°21 2017-18年秋冬ウィメンズコレクション - フェミニニティへ正々堂々と勝負に出る

N°21(ヌメロ ヴェントゥーノ)の2017-18年秋冬ウィメンズコレクションが、ミラノ・ファッションウィーク1日目の2017年2月22日(水)に発表された。

n21_17aw_15.jpg
 

デザイナー・アレッサンドロ デラクアの新しい挑戦を感じた。幾重にも素材を重ね、アシンメトリーにカッティングし、不均衡さを保ちながらレイヤードする。複雑性の中から見出す女性性のようなものが、昨シーズン(まで)は打ち出されていたように感じたが、今季はいい意味でシンプルで潔い。

フェミニニティを象徴するワンピースで直球勝負に出ている。情熱的な赤色、背中をばっくりみせたカッティング、テーマ性のある模様。そこにリボンやプリーツフリルといった装飾を飾り、一枚の服地の中にドラマを作っている。
 

仕上げは、ソックスとサンダルのコンビ。洋服にカラートーンを合わせるのではなく、足元だけで独自の物語を綴る。ヌードカラーのドレスにビビットなソックスを合わせたり、サンダルにビジューをデコレーションしたり……と遊びを交えながら。

また、今季はウエストマークしたスタイリングがムードだ。ワンピースには、大振りなバングル付きベルトがヒットしている。全体的にテイストミックスは控えめで、ストリートに馴染みやすい印象。際立っていたのはラインデザインを用いたスポーティウェアとの融合である。
 
 
 

nice!(0) 

nice! 0